Skip to content

「倚りかからず」

        もはや

        できあいの思想には倚りかかりたくない

        もはや

        できあいの宗教には倚りかかりたくない

        もはや

        できあいの学問には倚りかかりたくない

        もはや

        いかなる権威にも倚りかかりたくはない

        ながく生きて

        心底学んだのはそれぐらい

        じぶんの耳目

        じぶんの二本足のみで立っていて

        なに不都合のことやある

        倚りかかるとすれば

        それは

        椅子の背もたれだけ

         「倚りかからず」茨木のり子著 筑摩書房より

 時代に流されることなく、ひとり佇つ。そのことを大事にする一人一人が出会って、励まし合える場に、スープのよろずや「花」がなれたらいいなと思う。椅子に座って少し休んでもらえるお店になれればいいなと思う。

広告